尿失禁は検査で解決【訓練もしながら医療機関に頼ろう】

医者

問題のおき方

先生

どんな特徴があるのか

尿失禁には前立腺肥大症や尿路結石といった病気、または外傷や手術などによって起こるものも多くあります。しかし1番多く見られるのが、そうした原因のない老化による尿失禁です。これは特に女性に多いといった特徴が見られます。というのも女性の尿道というのは、男性のものに比べ太くて短いのです。そのため老化によって膀胱括約筋が弱ってくると、尿失禁しやすくなるというわけです。重いものを持ったりクシャミをしたりと、お腹に急激に力が入った瞬間に少量漏れ出すことが多くなっています。そのため尿失禁に気づかなかったり、おりものと勘違いする人も少なくありません。こうした尿失禁というのは、軽症ならば日頃の訓練で治すことができるのも特徴の1つでしょう。

症状を軽くするには

尿失禁というのは時と場所を選ばず突然漏れ出してしまうため、困惑している人は少なくありません。そこで少しでも症状を和らげるためには、膀胱括約筋を鍛えると良いのです。これはすごく簡単なことで、肛門を閉じる訓練をするだけで良いのです。肛門を閉じる筋肉と膀胱括約筋は連結していますので、これを続けることによって症状が柔いでいきます。気がついたときにキュッと肛門を閉じるだけですので、どこでも周囲に知られず行うことも可能です。もっと効果的に行いたい場合には、太ももにペットボトルを挟んで行うと良いでしょう。ポイントは閉じると同時に、下腹に力を入れることです。この運動で筋肉を鍛えても効果が得られない場合は、尿失禁の原因が他にある可能性があります。泌尿器科といった医療機関で、きちんと検査を受けることが大切です。

人によって変わります

男性

尿失禁の多くは、骨盤底筋が弱くなることです。対策としては肛門をしめる運動を行うことで解消されますが、脳など他のところの異常が関わっていることもありますので、泌尿器科に相談しておくとよいです。対策はいろいろありますが、毎日続けられる方法を選ぶことが大切です。

View Detail

女性の多い尿トラブル

女性

40代の女性の4割が尿漏れの症状で悩んでいる。特にくしゃみ等で漏れる腹圧性尿失禁が多く、これは尿道が短いことと骨盤底筋のゆるみ、便秘や冷えが原因と言われる。病院の治療ではまずは生活面の指導と骨盤底筋を鍛える体操が指導される。治りにくい場合は薬物治療、手術などが行われる。

View Detail

口コミサイトを活用しよう

女性

埼玉で泌尿器科に掛かる必要がある症状を抱えてしまった場合、インターネット上の口コミサイトを参考にして、足を運ぶ病院やクリニックを探すといいでしょう。口コミサイトは、インターネット社会に突入している現代の日本では、今後ますます需要が高まっていくことが予想されている便利なサイトでもあります。

View Detail