尿失禁は検査で解決【訓練もしながら医療機関に頼ろう】

医者

女性の多い尿トラブル

女性

尿トラブルが起こる理由

40代の女性の約4割が、尿漏れの悩みを持つと言われています。尿漏れにも種類があり、重い荷物を持った時やくしゃみ、咳などでお腹に力が入った時に少量漏らしてしまうといった場合は腹圧性尿失禁といい、これが最も多くの人が悩んでいる尿漏れの症状です。この他では、ふいに訪れた強い尿意に我慢できず漏らしてしまう切迫性尿失禁や脳卒中等の後遺症で起こる機能性尿失禁などがありますが、これらは高齢の人に多く、若い世代にはまれです。尿漏れは、女性に多い病気として知られています。これは男性の尿道が25cm前後もあるのに対し、女性はわずか3〜5cmしかないため、どうしても構造上漏れやすくなるのです。また、子宮や膀胱を支える骨盤底筋という筋肉が妊娠・出産時にゆるみやすく、そのせいで尿漏れを起こすケースも少なくないとされます。さらに、女性に多い便秘や冷え性も原因の1つと指摘されています。そのため、便秘や冷えには日頃から注意が必要です。

改善するには

尿漏れの治療には、泌尿器科や女性専門外来などで行っています。中でも多くの人が悩む腹圧性尿失禁は、薬物による治療の他、生活面の指導やエクササイズなどにより改善を図っていきます。まず治療の第一としては、生活面の指導です。先にも上げたように、尿漏れは便秘や冷えが原因となり、この他肥満や水分の取り方なども原因の1つとなり得ることから、まずはこれらを改善していくことが大切です。次は、ゆるんでしまった骨盤底筋を鍛えるエクササイズを行います。このエクササイズは骨盤底筋体操と呼ばれるもので、誰もが簡単にできるメソッドです。軽い尿漏れなら、ほとんどがこのエクササイズを数ヶ月行うだけで改善すると言われる効果の高い治療法です。これらで改善できない場合、もしくは重度な尿漏れの場合は薬物による治療が行われます。さらにそれでも改善しない場合は手術を行います。